東京から大阪に旅行に行くとき鉄道を利用することがあります。

旅行は私たちに色々な物をもたらせてくれます

鉄道の旅行で区間を区切って切符を購入

東京から大阪に旅行に行くとき鉄道を利用することがあります。新幹線であれば自動券売機でも購入することができます。非常に簡単です。ただしこのときは東京と大阪までを一気に買ってしまうことになります。実はこれよりも安く切符が買える方法があります。新幹線の場合はまとめて買わないといけないかもしれませんが、在来線の場合には分けて買った方が特になるケースがあります。

切符の価格の計算方法には幾つかの方法があります。先ずどの路線を走るかで適用する運賃表が異なります。多くは一般の路線ですが、都市部では近郊用の運賃表が使われることがあります。普通よりも若干割安になっているようです。そして普通よりも割高になっているのが地方と呼ばれる運賃表です。この3つを使って計算されています。

近郊区間から普通区間まで切符を買うとすべてを普通区間として計算されます。地方が加わるとすべてを地方区間として計算されることがあります。割高な計算方法が取られることがあります。そこで近郊区間内、普通区間内、地方区間内で分けます。更に距離で区切ると割安になるところがあります。地方は距離が少し増えただけで運賃がぐんと上がるところがあるのでそこで切符を分けます。そうすることで安く利用できる場合があります。
Copyright (C)2017旅行は私たちに色々な物をもたらせてくれます.All rights reserved.